HOME

弁護士紹介

辻 拓也 辻 拓也

弁護士

経歴

京都大学法学部卒業
京都大学法科大学院法学研究科法曹養成専攻修了
司法研修所入所(第67期)
大阪弁護士会に弁護士登録し、弁護士法人匠総合法律事務所大阪事務所入所

訴訟交渉の主な実績

【建築・建設訴訟事件】
施主から様々な瑕疵を主張され,代金を払ってもらえない工務店の代理人として,施主に対し,代金支払いを求めた事案
 第1審では当方の勝訴であったが,控訴が提起され,執行手続きまでが必要となる可能性が高かったため,執行費用との均衡に配慮し,当方に有利な条件で和解を成立させた。

【調停事件】
隣人から,自己の占有している土地が実は隣人の土地であると主張され,土地の明渡を求められた調停事件
 (事案概要)
  時効取得が成立している事案であったため,隣人の請求には応じる必要はない事案であったが,依頼者の隣地トラブルに巻き込まれたくないという意向もあったため,当方に有利な条件で,短時間で迅速に調停を成立させた事案。

【交渉事件】
施主から様々なクレームを主張され,代金を支払ってもらえない工務店の代理人として,施主と交渉のうえ,代金決済に立会い,事後処理を行った事件

【執行事件】
賃借人が自殺してしまった居室の明渡しの強制執行事件
 執行業者の手配・見積もりの取得等,依頼者に発生する費用が極力抑えられるよう,関係業者の手配を行った。

【建築・建設関係業者からの相談案件】
太陽光発電装置設置の際に,パワーコンディショナーから発生するとされている電磁波について,建売業者が説明義務を負うかという点についてのリーガルアドバイス
リフォーム後,低周波音が聞こえるようになったという施主からの苦情に対する工務店の対応についてのリーガルアドバイス
 確たる法的基準が定立されているわけではない低周波音問題について,現在発生している低周波音測定結果から工務店に責任があるのか否かを分析・検討しアドバイスを行った。
新築工事後15年程度経過した建物について,漏水による柱の腐食を指摘された工務店に対するリーガルアドバイス
 10年以上経過している場合であっても,不法行為責任を負う可能性を説明し,漏水・腐食の具合が非常に大きいものであったため,補修が必要であること,補修工事の実施において,締結しておくべき覚書を作成した。

【住宅関係】
近隣住民を威嚇する等,居住態度が悪い賃借人を退去させたいオーナーに対するリーガルアドバイス
 退去に向け,どのような資料・事実を作成,積み重ねておくべきかといった点についてアドバイスを行った。

【労働事件関係】
労働者派遣契約のリーガルチェック
就業規則改定の立会い
勤務態度の劣悪な従業員に対する解雇手続きについてのリーガルアドバイス及び書面案作成

【刑事事件対応】
工務店従業員が刑事告訴された事件において,検察官との折衝を繰り返し,不起訴処分となった事件
被害者の代理人として,刑事告訴を行うため,警察署と折衝を行い,告訴受理に至った事件
 警察署に意見書を提出し,事案の重大性・深刻性を伝える等,繰り返し警察署を説得することで,刑事告訴の受理に至った。

【近隣関係】
工務店が建物を新築したところ,隣家から,窓が干渉するため,目隠しの設置を求められた事案についての工務店の責任についてのリーガルアドバイス
工務店の行った設計・施工について,日照権の侵害があるとして,撤去を請求された事件についてのリーガルアドバイス

【家事事件】
面会交流審判事件
 面会交流申立人の代理人として,別居中の妻に対し,面会交流を求め,子の福祉の観点を強く主張することで面会交流の審判を勝ち取った。

弁護士紹介

HOME

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る