住宅・建築
瑕疵担保責任

施主が工務店に対して,建物の不同沈下,土台の腐食等の瑕疵が存在することを理由として補修費用相当額の損害賠償を請求した損害賠償請求事件

訴訟において,施主の代理人として,瑕疵の存在,補修方法及びその相当額を主張していたが,不同沈下の程度が大きかったため,訴訟中に補修工事を行い,その費用を請求したところ,工務店は当方が補修工事を強行したと反発し,損害額について争った。そこで,工務店の加入している瑕疵保険の保険会社に補修工事の査定をしてもらい保険金として約1600万円下りるという査定結果が出たため,この結果を受けて,工務店が保険金1600万円を含む2100万円を支払うとの和解案を提示してきたのに対して,当方としては補修費用としての請求額2300万円に加えて仮住まい費用,慰謝料や弁護士費用を負担していたことから,工務店の提案額は不十分であったが,工務店は他の物件からも同様の損害賠償請求をされている状況にあり,回収可能性に問題があったため,保険金として確実に1600万円の支払がなされることもあり,金額的にも勝訴的な内容であったことから,和解での早期解決を選んだ(後日,全額回収ができた)。

同分野の案件実績