住宅・建築
工事請負契約

施主がリフォーム工事を依頼した工務店に対して,数々の瑕疵を主張し,瑕疵修補費用の損害賠償を請求した損害賠償請求調停事件

調停では,工務店の代理人として,瑕疵の存在を否定し,さらに請負残代金を請求したところ,調停委員会が当方の主張を全面的に認め,施主が約770万円の瑕疵修補費用の請求を放棄し,工務店に対して400万円を支払うという内容の和解提案があった。訴訟になれば,リフォーム工事の内容及びそれに対する請負代金の立証活動を行う必要があったが,残代金全額を立証するためには労力と期間が多大なものになる可能性があったため,早期解決が賢明であると判断し,調停委員会の和解提案に応じることにし,勝訴的解決を果たすことができた。

同分野の案件実績