住宅・建築
瑕疵担保責任

化学物質過敏症に罹患したことを理由とする損害賠償請求事件

本件は、マンションにおいて多数の猫を飼育していた被告らが、消臭・消毒のためにクレゾールその他の薬品を散布したことにより、被告ら居室の直下の原告が化学物質過敏症に罹患したとして、治療費、慰謝料等の損害賠償を請求した事案である。
裁判所は、クレゾールを使用するにあたり散布の場所、方法、量等を含めて必要かつ十分な注意を尽くす義務に違反したとして、被告らに対し、クレゾール散布に関連した治療費等の損害を賠償するよう命じる判決を言い渡した。