お知らせ

秋野弁護士が請負契約約款をお施主様向けに説明する映像を制作しました

2021年05月10日

ご案内

住宅営業マンの働き方改革をどのように果たせば良いでしょうか?
一番、業務改善を果たす場面が、「契約締結時の契約約款の読み合わせ」だと思います。
ひどいケースだと、契約約款の読み上げに1時間以上の時間をかけてしまうケースもあります。
この契約約款の対面での読み上げは、民法上の義務ではありません。
また、説明は約款を熟知した弁護士が、分かりやすく解説することが効率的です。

複数の住宅会社からのニーズを受け、この度、秋野弁護士が、請負契約約款を説明する「お施主様向け契約約款説明映像」を制作しました。
この解説映像ご活用のフローチャートは、下記リンクのPDFファイルをご覧下さい。
解説映像ご活用のフローチャート
ポイントは、全条文をスライド表示し、約款の内容をコンパクトに分かりやすく解説をしています。

匠総合法律事務所が推奨する契約約款をモデルとして全27分で解説しておりますので、一度、下記リンクからYouTube映像をご覧下さい。
YouTube映像
※YouTubeに移動します

もし、貴社オリジナル用の映像を制作するニーズがありましたら、お声がけ頂ければお見積もりをさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。