知財・個人情報・IT
名誉毀損・ネット上の誹謗中傷対策・対応

インターネット上の掲示板における誹謗中傷に対する対応

(概要)インターネット上の掲示板に、工務店を誹謗中傷する書き込みがなされていた。
(結果)当職は、上記書き込みをした者の特定及び上記書き込みの削除を行うべく、まず、掲示板管理者に対する発信者情報開示の仮処分申立を行い、仮処分決定を取得した。当職は、この決定をもとに、掲示板管理者に対して上記書き込みの削除を求めるとともに、IPアドレスの開示を求めた。これを受けて、掲示板管理者は、上記書き込みを削除した上で、当職に対してIPアドレスを開示した。そして、当職は、開示されたIPアドレスをもとに、プロバイダに対して発信者情報の削除禁止・開示を求める手続を進めていった。その過程で、当職が上記手続を進めていることを知った上記書き込みをした者から、工務店に対して謝罪があったため、本件は終結となった。