不動産取引
不動産取引関係契約

売買の目的物である宅地のセットバック範囲が異なった場合の売主の責任について

本件を担当した弁護士

月刊誌「住宅関連法律情報」購読者へ月5通まで無償提供させていただいております。

同分野の案件実績